人道奉仕者アンマ

  • HOME »
  • 人道奉仕者アンマ

- シュリー・マーター・アムリターナンダマイー・デーヴィ -

アンマとして世界中で知られる人道活動家であり霊性の師である、シュリー・マーター・アムリターナンダマイー・デーヴィは、英知、力、霊感を世界中の人々に授けてきました。その非凡な愛の行為、内的な強さ、自己犠牲を通して、何百万もの人がアンマを慕い、触発されてきました。

マーター・アムリターナンダマイーは、南インドの海沿いの村で1953年に生まれました。小さな子供時代から、彼女は海岸で深い瞑想で何時間も過ごすことから人々に注目を受けていました。彼女はまた、神の歌をつくり、真心をこめて神に歌っている姿が見られました。幼い年齢にもかかわらず、彼女の作る歌には、おどろくべき深さと知恵が表れていました。彼女が9才のときに、母親が病気になり、マーター・アムリターナンダマイーは、学校をやめて、家事の手伝いをして、7人の兄弟姉妹の世話をするようになりました。家の牛の餌として、近所の残飯をもらうために一軒一軒周り、村の人々の、そして世界の厳しい貧しさと苦しみを突きつけられました。マーター・アムリターナンダマイーは、困っている人々に出会ったとき、自分の家から食べ物や着物を持っていきました。そうすることで家族から受けるどんな叱責や罰を受けても、それをやめることはありませんでした。そして、彼女は悲しむ人々を自然と抱きしめるようになりました。彼女の愛にあふれた世話を受け、人は彼女をアンマ(お母さん)と呼ぶようになりました。

アンマは目撃した深い苦しみに、深く心を動かされました。ヒンドゥーイズムによれば、個人の苦しみは、その人自身のカルマのせい、つまり過去になした行為の結果であるとされます。アンマはその考え方を受け入れましたが、だからと言って何もしないという言い訳としては拒絶しました。アンマはカルマの原理について深く思い巡らし、やがてより深い真理が明らかに見えました。それが今でもアンマが他の人に尋ねる質問です。『もしも苦しむことが誰かのカルマならば、その人の苦しみや痛みを和らげようとすることが、私たちのカルマではないですか?』

20年以上も前に、地元の孤児院の経営者たちがアンマに運営資金がないと打ち明けました。そのうち子供たちを路上生活に出すしかないのです――と。アンマは、当時アシュラムのホールを建てるための資金を、孤児院を引き取って孤児たちを保護するために使いました。それ以来、アンマの救いの手は止まるところを知りません。アンマに触発された多くの人々が、恵まれない人びとの人生を変えるために自らを捧げています。今までに、アンマは3800万人以上の人びとを腕で抱きしめ、安らぎを与えてきました。それほど多くの人を支えながら、様々な人助けの活動を立ち上げ運営する、その力をどこから得ているのかと聞かれると、アンマはこう答えました。『真の愛があるとき、すべてが簡単になります』。

魂の本質、宇宙、神、そしてダルマ(務め)、愛、家庭生活、瞑想などの霊性修行…アンマは、真剣に求める人々に対して、そのような深い問題について、少女のときから明快に説いてきました。アンマはグルを持ったこともなく、ヴェーダ聖典を学んだこともありませんが、聖典群に表現される真理について、英知と明快さと真実の洞察をもって話します。アンマは学校の知識から話すのではなく、究極の実在の中につねに確立した者の知識から語りかけます。
その結果、アンマの子供時代の粗末な家は、何千人もの人々への霊性の家となり、アンマの知恵を吸収して人間の本質である真理を覚ることを願う世界中からの求道者たちのアシュラム(僧院)となりました。求める者たちは、子供から出家僧まで、それぞれのレベルに応じて指導を受けるのです。

アンマのミッション

自分の魂と一つでないものは何もない、
その一つながりとみて、
そして、母なる神の中に融合し、
私はあらゆる感覚の喜びを放棄した。
人々に、人間として生まれた人生を成就するように、
求めることを、女神は私に話した。
だから、女神が口にした精妙な真理の言葉を
世界中に宣言する。
「人よ、おのれの聖なる自己に溶け込みなさい」

アンマのこの深遠な詩『アーナンダ・ヴィーティ』には、神との合一に達するアンマの超越的な体験が描かれています。
「聖なる自己でないものは何もない、とみること」、これがアンマが見たものであり、森羅万象がアンマの自己の一部であると見たのでした。そのとき、女神がアンマに使命を授けました。それは「人よ、おのれの聖なる自己に溶け込みなさい」というメッセージを伝え、人々に、人間として生まれた人生においてそれを実現することを求めることでした。

PAGETOP
Copyright © 日本MAセンター All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.