ビデオメッセージ(日本語字幕)はこちら↓

今私達はコロナウイルスに対するロックダウンの措置を守るために、家やアパートで何週間も閉じこもっています。たいていの皆さんはこれにもう飽き飽きしたかもしれません。もしかしたら皆さんの多くにストレスを引き起こしているかもしれません。ロックダウンのために、たくさんの計画が停止されています。それでも、私の子供達はできるかぎり明るく、元気でいるように努めなければなりません。ウイルスの感染拡大をできる限り抑えることができていたのは、ここ何日間の皆さんのシュラッダ、つまり非常に注意深くあったのではじめてできたことです。もし私の子供たちが、たとえ少しでも今それをやめてしまうならば、私たちの注ぎ込んできた努力はすべて水の泡となってしまうことでしょう。だから私達の子供達はそのシュラッダを維持し続け、できるだけロックダウンの規則に従うように努めなければなりません。私の子供達は忍耐強く耐えようとしなければなりません。ご存じのように、世界は今、大変痛ましい状況になっています。ウイルスによる世界の死者は30万人近くに増えました。

他の国よりもたくさん影響されている国もあります。インドでも、多くの州で感染者が増加しました。インドは人口密度が高いため、私たちはより注意深くしなければなりません。前にもお話したように、アンマは世界を一つの花と見ます。一つひとつの国がその花の花びら一枚一枚です。たとえ花びら一枚でも虫にやられれば、じきに花全体に広がるでしょう。今、私達はそのような状況を見ています。世界という花の健康と美を確保するためには世界中の人の、真摯な努力と前向きな態度が必要とされるでしょう。今こそ世界中が同じ母の子供たちとして、あらゆる違いを忘れ、一致団結する時です。今こそ世界が環境保護と持続可能性の政策を調べ直し、今までの間違いを正して前進していくときです。

アンマの子供たちの多くは今様々な理由で動揺しています。お金の問題を抱えている人もいます。家族や友人に会うことができない苦しみを感じている人もいます。子供達よ、それで悲しく感じる時、ちょっと考えてみてください、一番の親友でさえも、始終会っているわけではありません。人はいつも移動していて、特にインドの外に住む人達はときには何カ月もです。夫と妻が時には仕事のためにお互いに遠く離れて生活することもあります。そういうことは起こるものです。そんなときには彼らはそれに慣れるようにして前進するのです。そういう離ればなれをこう見るようにしてください。

何が起こっても勇気を失ってはなりません。心の勇気を維持して初めて、適切に考え、適切に行動できます。子供達、この時期を活用するベストの方法を考えてみてください。元気に満ちてやる気を起こさせるような言葉やメッセージを交わしてください。最近は誰もが電話を持っています。だから励ましや元気づけるメッセージを送ってください。お互いに話しかけ、慰めてください。子供達、このようにして互いに助け合わなければなりません。アンマは皆さんがこれをしていると信じます。これが助けになることでしょう。今は誰もが、協力と、寛容性、愛と団結を、家の中でも外でも、最大限に堅持するべき時です。私たちが適切な努力を注いで祈りに満ちた態度を保てれば、必ずや大きな違いが生まれます。

アンマがよく言うように、他の決意と同じく、幸せでいることもまた決意です。取り巻く状況がどうであれ、幸せでいるんだ、勇気を持っているんだ、と固く決意しなければなりません。笑っても泣いても日々は過ぎてゆくことでしょう。私の子供たちよ、笑って生きたいのか、泣いて生きたいのか、決めなさい。たとえ人生で何があっても人生に明るく向き合うと決意する時、あなたの周りには、幸せの雰囲気が確実に生まれるでしょう。この雰囲気はまたあなたの周りの人にも幸せと楽観を分け与えるでしょう。幸せな人は強い人です。そんな人が誰か悲しむ人に出会うと、その人の悲しみを和らげる決意と力を得ることでしょう。それ自体が、相手の悲しみを拭う助けの大きな一歩となるのです。一人でも他の人に確実に影響を及ぼせます。だから、私の子供達が明るくいることができれば、子供たちはその明るさを拡げ、誰かの苦しみを、たとえ一瞬でも軽くできます。私の子供たち、互いに幸せと明るさをできる限り目覚めさるようにしましょう。